神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
初回30分無料の法律相談(土日夜間可、子連れ可、予約制、待合室あり)を行っています。安心を与える丁寧な説明と事件処理を心がけています。ご予約はTEL079-562-3911です。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、債権回収など法律問題は一人で悩まれていても解決しません。まずはお気軽にご相談ください。
神戸三田法律事務所【三田市役所隣で平成24年開所,無料相談可】  › 法律【遺言相続】 › Q遺産分割協議がもめる原因と対策(その1)?

Q遺産分割協議がもめる原因と対策(その1)?

2018年12月18日

遺産分割協議がもめる原因は、何でしょうか。

私の経験上、次の3つが原因であることが多いです。

1 認知証の症状(虚言等)への不理解
2 遺産の内容が不明確
3 不動産がある

今回は1の説明と対策を解説します(2と3は後日、解説をアップします。)

1とは、例えば、兄が母親の介護をしていて、久しぶりに様子を見に来た弟が、母親から、「兄がお金を取る。食事をくれない。」と聞いて、それを信じ込んでしまうようなケースです。

極端な場合、弟が母親を連れだして、兄には会わせず、母親の葬儀にも呼ばないようなケースもあります。そのような状態での遺産分割協議は非常に難航します。

対策としては、普段から介護の状況を知らせておくことはもちろんですが、それ以外には、任意後見制度、成年後見制度の利用が有効です。

任意後見制度とは、自分の判断能力がなくなった場合に財産管理を行う人(後見人)を事前に選んでおく制度です。

成年後見制度とは、本人の判断能力がなくなった場合に、4親等内の親族が申し立てて、財産を管理する人(後見人)を裁判所に選んでもらう制度です。


ポイント

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士




同じカテゴリー(法律【遺言相続】)の記事画像
Q 特別寄与料とは? 【遺言相続】
Q 配偶者居住権とはどのような権利でしょうか? 【遺言相続】
Q 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲は? 【遺言相続】
Q 相続人と連絡が取れない場合の遺産分割協議 【遺産相続】
Q 自筆証書遺言保管制度のメリット
Q 葬儀費用を支払うと相続放棄ができなくなるか?
同じカテゴリー(法律【遺言相続】)の記事
 Q 特別寄与料とは? 【遺言相続】 (2020-09-18 18:08)
 Q 配偶者居住権とはどのような権利でしょうか? 【遺言相続】 (2020-09-17 18:55)
 Q 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲は? 【遺言相続】 (2020-09-17 18:49)
 Q 相続人と連絡が取れない場合の遺産分割協議 【遺産相続】 (2020-09-08 23:03)
 Q 自筆証書遺言保管制度のメリット (2020-09-04 08:57)
 Q 葬儀費用を支払うと相続放棄ができなくなるか? (2020-08-20 10:35)

Posted by 神戸三田法律事務所 at 00:12 │法律【遺言相続】

この記事へのトラックバックURL